番組内容 一 般 向 ( イベントなど )

《 テーマ 》

親子連れなど一般の方を対象にした番組は、実施する町の緯度経度に合わせ、

実施日の晩に見える主な星座や月惑星を紹介しています。

話の根底にあるテーマは、家族で星探しをするきっかけ作りです。

   1:季節の星座めぐり ( 一般向 )

 ※ 要望により、昭和39年東京オリンピックの開会式の星空や南半球の星座など

   オリジナルな番組もご用意できますので、お気軽にご相談ください。

      ※ イベントプロデュースの項もぜひご覧ください

《 番組例 》

【 9月に一般を対象に実施した「秋の星座めぐり」のアブストラクト 】

1:当日に日付を設定し、日没から19時までの空の変化を見ます。
2:月の位置や形を調べます。
3:一番星の木星は、ほとんど瞬かずに光るという特徴を調べ、

  さらにズームアップして模様を確かめます。
4:夏の大三角形、こと座、わし座、はくちょう座などの夏の星と、
  秋の四辺形、ペガスス座、カシオペヤ座、やぎ座など秋の星座を紹介します。
5:アンドロメダ座にある、M31銀河をズームして見つけます。
6:全天の星座の名前や絵図を出し、夜中過ぎまでの変化を楽しみます。
7:さらに時を進め、少し多めに出る流れ星を眺めつつ、朝を迎えて終えます。

 

《 タイムスケジュール例 》

  時  刻 備  考
現場到着   8時30分  場所:イベント会場
機材搬入・調整   8時30分- 9時30分  10時、開店
1回目投影  11時00分-11時25分  
2回目投影  13時00分-13時25分  
3回目投影  14時00分-14時25分  
4回目投影  15時00分-15時25分  
5回目投影  16時00分-16時25分  
機材搬出  16時25分-17時25分  

      ※スタッフを2名体制にすると、もっと多くの投影回数(例えば30分ごとに番組スタートなど)を

       実施することも可能です。

 

《 一般の方への注意事項 》

 1:出入り口を開けるとドーム内の空気が抜けますので、出入りは素早くお願いします。

 2:着席用の簡易椅子がありますが、年配者や大人用です。

   お子さまは座布団にお座りください。