2017

10

11

12

 1月9日~11日 熊本地震復興支援「星空の宅配便」 の開催報告

2017年1月 株式会社東京モバイルプラネタリウム 代表取締役 木村直人

 先般の熊本地震により亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被害を受けられた皆様にお見舞いを申し上げます。

 2016年の秋、熊本市内の幼稚園でプラネタリウムを切望しているので、行ってくれないかという話がサンケイリビング新聞社のあんふぁん事業部からありました。あんふぁん(幼児向け雑誌)は熊本には配布していないが、その存在を伝え聞いた母親からの強い要望だといいます。それを受け、弊社も動くことにしました。
 調べれば、熊本市博物館(プラネタリウム併設)が休館中で、プラネタリウムが見られなくなっていました。そこで、同博物館に連絡を取ると、天文学芸員の野村美月さんがいろいろ動き、公民館と小学校での受け入れが決まり、先の幼稚園と合わせて三か所で実施することになりました。
 費用負担は、最低限の交通費をサンケイリビング新聞社、その他一切は弊社という形です。

 

 ■1月9日 熊本市立託麻公民館

熊本市立託麻公民館 託麻公民館
 地震直後は、避難場所となり、会場はもとより、ロビーにも多くの住民が生活をしたとのことでした。参加者は親子連れがほとんどで、皆さんに何度もお礼を言われたのが印象的でした。

写真(右)は、北里館長、木村、野村学芸員(熊本市立博物館)

 

 ■1月10日 熊本市立力合小学校 4年生と5年生

熊本市立力合小学校 熊本市立力合小学校
 こちらの体育館も避難場所であり、大きな校庭は自家用車で埋め尽くされたそうです。 小学生はどこも一緒で、元気一杯です。おそらく当夜は、星の観察で夢中になったことでしょう。

写真(右)は、子どもたちの質問に答える野村学芸員(熊本市立博物館)

 

 ■1月11日 熊本市 ほくぶ幼稚園

熊本市ほくぶ幼稚園 熊本市ほくぶ幼稚園
 今回の事業を起こすきっかけを作ってくれたのがこちらの施設です。園児には当日まで内緒で準備されましたので、子どもたちはビックリ仰天状態で、たいへん盛り上がりました。
後片付けをしていると、子供たちが再びやって来て、喜びに満ちたお手紙を頂戴し、こちらが胸を熱くしてしまいました。この事業を実施して、みんなが幸せを感じられ本当に良かったです。

小中学校

【モバイルプラネタリウム】 4年:季節の星座と星と月の動き/6年:季節の星座・月と太陽

練馬区立田柄第二小4

14日練馬区立田柄第二小4年(東京都)

草加市立両新田小学校

16日 草加市立両新田小4年(埼玉県)

調布市立上ノ原小学校

17日 調布市立上ノ原小4年(東京都)

横浜市立菊名小学校

17日 横浜市立菊名小4年(神奈川県)

江東区立第五砂町小学校

18日 江東区立第五砂町小4年(東京都)

港区立高輪台小学校

18日 港区立高輪台小4年(東京都)

草加市立八幡北小学校

19日 草加市立八幡北小4年(埼玉県)

jiyuugakuen

20日 自由学園3・4・6年(東京都)

鎌ヶ谷市立中部小学校

23日 鎌ヶ谷市立中部小4年(千葉県)

江戸川区立西小松川小学校

24日江戸川区立西小松川小4年(東京都)

江戸川区立平井南小学校

25日江戸川区立平井南小学校(東京都)

大田区立出雲小学校

26日江戸川区立鎌田小学校(東京都)

大田区立出雲小学校

26日 大田区立出雲小4年(東京都)

鎌ヶ谷市立北部小学校

27日 鎌ヶ谷市立北部小4年(千葉県)

 

幼稚園・保育園

【モバイルプラネタリウム】 冬のどうぶつ星座めぐり

駒込第三保育園

31日豊島区立駒込第三保育園(東京都)

茨城キリスト教幼稚園

31日 茨城キリスト教大学附属

  認定こども園みらい園(茨城県)