公共施設(公民館・図書館)

見慣れた場所にプラネタリウムが!

 施設のホールやエントランス・体育館などにエアドーム(プラネタリウム)を設置し、当日の晩に、当地から見られる星空を再現します。お客様との言葉のキャッチボールで約30分の番組を進めていきます。幼児からお年寄りまで幅広い層に人気のプログラムです。図書館・公民館・児童センター・博物館など、様々な施設で実施しています。 投影プログラムは標準的な解説のほか、ご当地ネタ、注目の天文現象などカスタマイズ可能です。昭和39年東京オリンピックの開会式の星空や南半球の星座などの実績があります。お気軽にご相談ください。


オプション

 展示用天体写真パネルや、望遠鏡・星座早見盤の工作教室など、プラネタリウムと一緒に実施できる様々なオプションをご用意しています。詳細は■こちらからどうぞ。

料金・問合せ

● 実施料金 = 基本料金 + 旅費運搬費 + オプション料金 + 消費税 ●

・基本料金:ドーム径ごとの料金 × 投影回数

エアドームの大きさ(直径5m・6m・7m)によって料金が変わります。

・5メートル: 22,000円
(定員30人/高さ2.7m/7x7m四方)

・6メートル: 25,000円
(定員40人/高さ3.7m/8x8m四方)

・7メートル: 27,000円
(定員55人/高さ4.2m/9x9m四方)

一日の投影回数が2回以下の場合には、一日あたり3回分の基本料金となります。

・旅費運搬費:運搬費 + 高速料金 + 駐車料金

運搬費は江戸川区北篠崎から会場まで片道40㎞毎に2,000円、高速料金は現金での実費です。片道100㎞を超えると宿泊費、300kmを超えると移動日人件費がかかります。料金の詳細は■こちらからご覧ください。

見積り・申込み・問合せ