幼保行事

園にプラネタリウムがやってくる!

幼稚園・保育園の遊戯室やホールにエアドーム(プラネタリウム)を設置し、満天の星を楽しむことができます。
星と楽しく遊ぶことをテーマに、童謡を歌ったりしながら季節の星座やそれにまつわる物語などを紹介します。

★ さまざまな番組例 ★

●ほしとあそぼっ!春の星空とどうぶつ星座めぐり

●ほしとあぞぼっ!夏の星空とたなばたさま

●ほしとあぞぼっ!秋の星空とお月さま

●ほしとあぞぼっ!秋の星空とアンドロメダ姫ものがたり

●ほしとあぞぼっ!冬の星空とどうぶつ星座さがし

※ご要望により、オリジナルな内容もご用意できます。お気軽にご相談ください。

また、天井高が低くドームの設置ができない場合は、壁面や天井に星空を映す■平面方式のプラネタリウムで実施することもできます。

特徴

★解説のプロフェッショナルが担当

園児からの言葉を受けて、言葉のキャッチボールで番組を進めていきます。

★園児の成長に合わせた解説

年少・年中・年長とクラスや組の単位で実施することで、園児の成長度に合わせてお話しします。

★移動のリスクがない

園外を移動する際の交通事故・迷子などの心配や、時間的ロスがありません。

料金

● 実施料金 = 基本料金 × 園児数 ●

・基本料金:地域別料金

基本料金は地域別の料金となります。具体的な料金は■こちらのページの地域別料金一覧をご確認ください。

・園児数

児童数は当日の参加者数で計算いたします。実施料金の最低額は60人分となります。

見積り・申込み・問合せ

タイムスケジュール例

スケジュール例

ご注意

設置について

以下のご準備をお願いしています。

・エアドームを設置する遊戯室やホールなどの確保(実施時間+機材搬入・搬出で前後各1時間)

・電源:コンセント1口(100V 12A)

・機材搬入車1台分の駐車スペース(普通乗用車)

園児への注意事項

・エアドーム内はうす暗くなるので「怖くなったらお友だちと手をつなぎましょうね。」など声をかけることがあります。

・怖くて大泣きしてしまう園児さんは、番組中でもエアドーム外へ案内できます。

・エアドーム内の床面は、設置場所の床面そのままです。上履き・室内履きのまま入れます。