事業案内

星空の宅配便®

 最新式のデジタルプラネタリウムと空気で膨らませるエアドームを様々な場所へ持参し、実感ある星空をみなさまにお届けします。

★☆特徴☆★

1.専門的スタッフによる分かりやすい解説

2.月や惑星も含む高機能の映像を映写し、ご当地の経緯度に合わせた当夜の夜空を正確に再現

3.会場の広さに応じた3種類のエアドームの他、エアドームを使用しない平面方式や屋外方式のプラネタリウムをご用意

利用シーン

 移動式の強みを生かし、学校の授業やイベントなど様々なシーンでご利用いただけます。以下から各利用シーン毎の詳細がご覧になれます。

過去に実施した事業を参考にしたい時は、■実績のページもご覧ください。

オプション

プラネタリウムとご一緒に楽しめる様々なオプションもご用意しています。詳しくは■こちらからどうぞ。

システム紹介

システム全体

 弊社のシステムは、クオリティの高い投影を実現しながらも非常にコンパクトにまとめた移動式のプラネタリウムを実現しています。自作の音響卓にはスピーカーや各種配線材・照明・ミキサー・マイク・ポインター・工具類など、必要器具がすべて収まっています。簡易椅子は浴用椅子で、主に大人の方向けです。子供たちには赤い座布団を用意しています。
 会場へは、これらのシステムをすべて1台の普通乗用車に搭載してお伺いします。使用車両は「トヨタ‐ハイエース」または「スバル‐レガシィ」です。

エアドーム(室内専用)

 エアドームは、3つのサイズをご用意しています。設置スペースや1回あたりの人数に合わせた運用が可能です。
 設置する部屋の空気を送風機で送り込み、ドーム型に膨らみます。膨らむ量より多い空気は排気口から外に排出されます。ドーム内に空調機器はありませんので、ドーム内の温度は設置している部屋の温度に依存します。多人数の場合は、体温により室温より2度くらい上昇します。気温の高い環境で実施する場合は、別途スポットクーラー等をご準備いただいて接続することが可能です。
 ドームは遮光性のある布でできており、部屋の明かりを暗くする必要は全くありません。

※定員は親子の場合

デジタルプラネタリウム

 高性能パソコンにて星空の映像をグラフィックで作り出し、魚眼レンズを組み込んだ専用プロジェクターを介して、高精細な星空を再現します。星空を作り出すプログラムソフト(StellaDome-Pro.)は科学館仕様の製品で、全国の博物館や科学館で使用されています。太陽や月・惑星はもちろん、方位の表示、各星座の絵図、南半球の星空も映せます。さらに、過去や未来の星空も瞬時に再現でき、小さくても最先端の性能を持っています。

屋外方式・平面方式プラネタリウム

エアドームが設置できない条件の場合でもご相談下さい。詳細は■こちらからどうぞ。